忍者ブログ
2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

翻訳の仕事のこととか中国語のこととか中華圏旅行のこととか。

3月11日以前はルーティンの記事翻訳の仕事以外にも毎週何かしらコンスタントに単発の仕事が入っていたのですが、震災以降はめっきり仕事が減ってしまいました。

最初のころは被害の大きさに対する衝撃や余震、物流の滞りやら計画停電の情報やら原発事故情報やらでてんてこ舞いだったので仕事量を気にする余裕はなかったのですが、震災から2週間がたち、節電生活にも次第に慣れてきたせいか、あれ?そういえば震災からこっち、記事の仕事しかしてないぞ…と。

記事以外の仕事は産業翻訳(契約書とかマニュアルとか企画書、プレゼン資料、製品の安全基準リスト、観光案内など)がほとんどなので、今あっちこっちで工場の操業停止している状態だし、世界では日本製品の輸入・販売自粛や日本への渡航自粛ムードが広がっているみたいだから、致し方ないのかも。。。

まぁ仕事をするにはパソコンとかプリンターとかはどうしても使わなきゃいけないので、仕事なかったらなかったで節電になっていいのかもしれないけど、懐的にどうなんだろうという疑問が。

停電の間は店は営業できないわけだし、夫の会社の工場も被災して稼働できてない状態みたいだし、こうしてぼちぼちと国民の家計に響いてくるんだろうなぁ。。。。


【今日の中国語】

放射線=辐射线(フーシューシェン/fúshèxiàn)、 放射线 (ファンシューシェン/fàngshèxiàn)

ちなみに日本では放射線というといわゆる「狭義の意味での放射線」を指す場合が多いけれど(というか、放射線っていうとイコール放射能、キケンっていうイメージ持っている人が大半かと)、中国語で放射線(辐射线)というと、日本では「広義」としてとらえられる放射線(いわゆる家電製品から放出される電磁波など)も普通に入ります。

なので原文で「辐射线」ってなっていたからって機械的に「放射線」って置き換えると、普通の家電や医療機器がなんかものすっごくキケンな物体に様変わりしてしまうので注意が必要です。

そのくらい文脈でわかりそうなもんじゃない?って言われそうな気がしますが…。

でもこれ、放射線の定義とか、どんな種類があるのかとか、家電や医療機器などの電機製品から放出される広義の意味での放射線の種類とかが分かってないと結構ひっかかったりするんですよ原文読んでて「え?○○から放射線?」ってびっくりして調べてみたら、ああなんだ電磁波か…とか××線のことか…とか。

まぁ電磁波も浴びすぎると危険ですけどね~。

拍手[0回]

PR

←No.72No.71No.65No.54No.51No.49No.42No.41No.40No.30No.28
ランキングに参加中です!
面白かったらクリックしてね☆

人気ブログランキングへ
翻訳ブログ人気ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
プロフィール
HN:
はぎちょん
性別:
女性
自己紹介:
翻訳会社のコーディネータ&チェッカー、中日ビジネスコンサル会社の翻訳事業部のコーディネータ&チェッカー/翻訳者を経て現在中国語のフリー翻訳者。在宅で中日訳のほか、中日/日中/英中訳のチェックなども行っています。夫と二人暮らしのアラフォーです。
おススメ―語学
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[08/19 蓮]
[06/25 蓮]
[06/08 蓮]
[05/12 蓮]
[05/12 蓮]
ブログ内検索
アクセス解析