忍者ブログ
2017.07│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

翻訳の仕事のこととか中国語のこととか中華圏旅行のこととか。

私のメインの仕事は記事翻訳なので、ニュース・新聞には日常的に目を通しなるべくいろんな分野の情報を得るようにしているのですが、震災以降は大分自分の中で情報が偏っていたような気がします。

特に震災直後は新聞は地震や津波、原発の記事ばかり。ニュース番組もほとんど震災特集だったので、「経済・国際情勢は仕事で送られてきた記事見て初めて知った」ということが何回かあり、「記事翻訳者として本当にこれでいいのか!?」なんて思ったりしていました。

まぁ今では、震災以外の報道もされるようになってきたので大分そういうことはなくなりましたけどね。

でも震災前と比べると、自分の中の最大の関心事が大きく変わった気がします。防災とか節電情報に敏感になったもの。

ええ、何が言いたいのかというと、いつの間にかリビア情勢が泥沼化していたり、シリア情勢が緊迫化していたり、東南アジアとかでもM7クラスの大地震が相次いでいて各国の救援隊が向かっていたり義援金が送られていたりと、震災や原発事故で日本がてんてこ舞っている間でも世界は震災前と同じように動いているということでした。

各国の救援隊の皆様、日本での活動に続き…というか、もしかしたら同時進行でのインドネシアやミャンマーでの救援活動お疲れ様です。

そして(自国の震災復興で大変な中救援隊や義援金を送ってくれた)インドネシア、ミャンマーの地震被災地への救援隊派遣や義援金募集ができないほど、日本は自国のことで手一杯なんだなぁと、今日本が置かれている状況というのを客観的に痛感しました。(個人的にはこちらの被災地にも1円でもいいから義援金送りたい気分なんですが)

おそらく仕事をしていなければ気づくことはなかったんだろうけど、仕事していなくても気づける自分でありたかったというのが正直なところ。


【今日の中国語】

リビア国民評議会=利比亚全国委员会(リビヤチュェングォウェイユァンフィ/lìbǐyà quánguó wěiyuánhuì)、 利比亚过渡委员会(リビヤグォドゥウェイユァンフィ/lìbǐyà guòdù wěiyuánhuì)

なんで2つも言い方があるのか謎ですが(笑)。利比亚リビアのことです。

漢字だからとうっかり「リビア全国委員会」「リビア過渡委員会」なんて訳したらNG。この手の用語は結構引っかかる人多いんですよ。

まぁ、確かに忙しいとうっかりやっちゃいそうなんだけどね
 



拍手[0回]

PR

←No.91No.82No.76No.72No.71No.65No.54No.51No.49No.42No.41
ランキングに参加中です!
面白かったらクリックしてね☆

人気ブログランキングへ
翻訳ブログ人気ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
プロフィール
HN:
はぎちょん
性別:
女性
自己紹介:
翻訳会社のコーディネータ&チェッカー、中日ビジネスコンサル会社の翻訳事業部のコーディネータ&チェッカー/翻訳者を経て現在中国語のフリー翻訳者。在宅で中日訳のほか、中日/日中/英中訳のチェックなども行っています。夫と二人暮らしのアラフォーです。
おススメ―語学
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[06/25 蓮]
[06/08 蓮]
[05/12 蓮]
[05/12 蓮]
[05/11 蓮]
ブログ内検索
アクセス解析