忍者ブログ
2017.07│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

翻訳の仕事のこととか中国語のこととか中華圏旅行のこととか。

昨日は夫と二人で横浜中華街に行ってきました。

なんで行ってきたのかというと、新聞配達屋さんのプレゼントキャンペーンに応募したら、横浜港のシーバスとクルーズ観光のチケットが当たったんですよ。天気悪いけど二人で遊びに行ける機会というのはこの日しかない!ということで一緒に行ってきたのでした。

シーバスは結構揺れたので、酔いやすい人には不向きかも…。でも海面が近くて、はじける水しぶきに夢中になってしまいました

クルーズ船は、2階と3階が自由席になっていて、みんな見晴らしの良い3階に押し寄せていたのですけど、2階の方が温かくて、ゆったりしていて快適でした(椅子もソファーだったし。3階の椅子は公園や遊園地にあるようなプラスチック製のベンチだったので寒かった…)。横浜の港に関する船内アナウンスはかなり良いお勉強になりました。

横浜中華街は数年ぶりに行ったのですが、しばらく見ないうちに大分変っていてびっくりでした。笹の葉とかふかひれのジェラート食べさせてくれるアイス屋さんがなくなっていたのがショックでしたあとメイン通りに韓流専門店ができていたりとか、東方神起がちゃんと5人組でいたりとか(笑)。

お土産に中華菓子とライチ紅茶を買ってきました。デジカメのケースをなくしてしまったので、デジカメの入る中国っぽいポーチ状のケースも買ったんですけど、ボタンの作りが甘かった…

しかしさすが観光地横浜!観光スポットの中国語表記がいたるところで目につき、終始わくわくしていました。最近観光ガイドのチェックや翻訳の仕事を依頼されたりもしているので、今後の参考にとクルーズガイドのパンフレットを日中一部ずつもらってきましたよ

今日の一言中国語コーナーは、その中から一つ、「おお!」と思ったものをご紹介します。

それは何かというと、ぷかりさん橋です。

ぷかりさん橋の中国語は浮浅桥(フーチェンチャオ/fu2 qian3 qiao2)もしくは 浮码头(フーマトウ/fu2 ma3 tou)

※注:表記は漢字表記(カタカナ読み/ピンイン<中国の発音記号>表記)の順となっています。

オフィシャルホームページを見るとちゃんと「浮き桟橋」という説明が書いてるのですが、「『ぷかり』ってもしかして、ぷかりぷかり浮いていることの『ぷかり』なのか!」と認識を新たにしました。(いや、あまり今まで意識したことなかったので

普段触れている日本語の、日常ではあまり意識しない部分を気づかせてくれる、そんな中国語が大好きです

拍手[0回]

PR

←No.49No.42No.41No.40No.30No.28No.26No.21No.20No.19No.16
ランキングに参加中です!
面白かったらクリックしてね☆

人気ブログランキングへ
翻訳ブログ人気ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
プロフィール
HN:
はぎちょん
性別:
女性
自己紹介:
翻訳会社のコーディネータ&チェッカー、中日ビジネスコンサル会社の翻訳事業部のコーディネータ&チェッカー/翻訳者を経て現在中国語のフリー翻訳者。在宅で中日訳のほか、中日/日中/英中訳のチェックなども行っています。夫と二人暮らしのアラフォーです。
おススメ―語学
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[06/25 蓮]
[06/08 蓮]
[05/12 蓮]
[05/12 蓮]
[05/11 蓮]
ブログ内検索
アクセス解析