忍者ブログ
2017.07│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

翻訳の仕事のこととか中国語のこととか中華圏旅行のこととか。

北京旅行2日目です。この日は擁和宮→オリンピック公園→宋慶齢故居→故宮→景山公園→王府井に行きました。移動はもちろん地下鉄

(※写真はクリックすると大きいサイズのが見れるよ)

和宮(雍和宫[ヨンフーゴン/yōng hé gōng])

地下鉄1号線擁和宮駅下車。擁和宮はね、ギネスブックにも載っているキンキラ金の巨大な仏像があって、それをどうしても夫に見せたかったんですよ。一番奥の「万福閣(万福阁[ワンフーグー/wànfú gé])」にある、高さが26メートル(地上部分18メートル、地下8メートル)もあるため、高すぎてカンタンにはご尊顔が拝せない(笑)巨大な仏像。北京在住者、もしくは北京に行ったことのある人の中には少なからず「ほかの人をぜひ連れて行きたい観光スポット」があると思いますが、私の場合は断然ココなんですよね。

写真撮って来たかったんだけど、写真撮影は禁止されていたので仏像の姿はしっかり網膜に焼き付けてきました。

ちなみにチケットにミニDVD(日本のシングルCDみたいな大きさ)が入ってて、その中に巨大仏像他、擁和宮に安置されている仏像などの解説と映像が入っていました。昔は紙のチケットだけだったのに!!すごい進化してるわー。


●オリンピック公園(奥林匹克公园[アオリンピークーゴンユェン/àolínpǐkè gōngyuán])

地下鉄13号線「奥林匹克公园」下車。北京の新しい観光名所、鳥の巣(鸟巢[ニャオチャオ/niǎo cháo])水立方(シュイリーファン/shuǐ lìfāng)、玲瓏塔(玲珑塔[リンロンター/línglóng tǎ])を見るのが目的だったのですが…オリンピック公園…広い!とにかく広い!!!!歩くだけでも疲れました

鳥の巣                  水立方                      玲瓏塔      
P5020798_1.jpg  280361f4.jpg  P5020799.JPG


五輪トーチ          お食事所「北京小吃街」(食べなかったけど)
P5020809.JPG  P5020804.JPG


●宋慶齢故居(宋庆龄故居[ソンチンリングージ/sòngqìnglíng gùjū])

地下鉄2号線「積水潭(积水潭[ジーシュイタン/jīshuǐtán])」下車。孫文夫人が晩年を過ごした邸宅で、夫が今回「行きたい」と言っていたところです。

宋慶齢って私あまり知らなかったんですけど、結構有名な人だったんですね。彼女の足跡を紹介する展示なども行われていて、すごい偉い人だったんだな~って思いました。

入り口は海(ホウハイ/hòu hǎi)に面していていたのですが、后海の広さにも圧倒!!ちなみに柳の綿(花)攻撃が一番すごいところでもありました(笑)。

●故宮、景山公園(故宫[グーゴン/gùgōng ] 、 景山公园(ジンシャンゴンユェン/ jǐngshān gōngyuán])

地下鉄1号線「天安門西(天安门西[ティエンアンメンシー/tiānānmén xī])」下車。天安門をくぐって入りました。さすが北京のメイン観光地とあってものすごい人!!午門(午门[ウーメン/wǔ mén])から入ってまっすぐ太和殿(タイフーディエンtàihédiàn)、中和殿(ジョンフーディエン/zhōnghé diàn)、保和殿(バオフーディエン/bǎo hé diàn)、乾清宮 (乾清宫[チェンチンゴン/qián qīnggōng])、交泰殿(ジャオタイディエン/jiāo tài diàn)、坤寧宮(坤宁宫[クンニンゴン/kūn nìng gōng])、欽安殿(钦安殿[チンアンディエン/qīn ān diàn])、神武門(神武门[シェンウーメン/shén wǔ mén])と中央の宮殿部分だけ見たんですけど、人が多くて中を見るのが大変でした。まぁここはいつもそうだけど

台湾でも故宮博物院行って至宝見てきたし、これで故宮は粗方コンプリートね!(笑)九龍壁(九龙壁[ジウロンビー/jiǔlóng bì])見に行けなかったのは残念だったけど…(九龍壁は開館午後4時までで、ちょうど九龍壁に着いたのが午後4時だったんですよ)。

神武門を抜けた後は道路挟んで向かいにある景山公園に行って、景山に登って故宮を俯瞰してきました。景山頂上の「万春亭(ワンチュンティン/wàn chūn tíng)」から見下ろす故宮はまさに絶景なんですよね!

RHMG0256_1.jpg

その後は五四大街(ウースーダージェ/wǔsì dàjiē)をてくてく歩いて地下鉄「東四(东四[ドンスー/dōngsì)」駅へ(結構距離あった。昔はこのくらいものともしなかったのに…年取ったなぁ)。そこから地下鉄を乗り継いでホテルに戻ったのですが、そのときとんだハプニングが!!

なんとせっかく買った一卡通を失くしてしまったんですよ!天安門西駅降りたときには持ってたのに…多分鞄の外ポケットに入れておいて、故宮で地図取り出したときうっかり落としてしまったんだろうと思うのですが…。

まぁ失くしたのがもっと大切なもの(パスポートとかホテルのルームキーとか)じゃなくて良かったですけど、ショック隠せなかったです。。。まだ何元か残ってたし、何より記念に持って帰りたかったのに(でもだからって、翌日帰国なのに改めて買う気にもなれず…)

ホテルに戻って一休みして荷物おいた後、地下鉄乗って王府井(ワンフージン/wángfǔjǐng)へ。ここで夕食食べてきました。場所は地下鉄が乗り入れているビルに入っている日式ラーメン店「麺愛麺(面爱面[ミェンアイミェン/miàn ài miàn])

写真がブレたのはご愛嬌(笑)。
P5020825.JPG
(「ラーメン店」とは行ってもラーメンは豚骨ラーメンしかありませんでした。台湾でもそうだったけど、中国人って豚骨ラーメン好きなのね…)

ここで夫はチャーハンと焼き鳥、私は野菜たっぷり豚骨ラーメンと、何か中国っぽいモノを食べたかったので小豆ジュースを頼んだのですが、なんとチャーハンと小豆ジュースが売り切れ!結局中国人も日本食屋入っても食べ慣れたものしか食べないってことか!!

…まぁそんなわけで夫は注文をうな丼に変更、私は飲み物をヨーグルトジュース(ブルーベリーか何かが入っていた)にしました。

その後は実家へのお土産に北京ダック(北京烤鸭[ベイジンカオヤー/běijīngkǎoyā])買って、王府井大街(ワンフージンダージエ/をwángfǔjǐng dàjiē)ぶらぶらして…ここにあるキリスト教の教会「王府井天主堂(ワンフージンティエンジュータン/wángfǔjǐng tiān zhǔ táng)」も見て来ました。ここも「私的北京訪れたら他の人に見せたいスポット」の1つ

もう夜も10時くらいになってきたので地下鉄に乗って帰りました。明日はいよいよ最終日です。

あ、そうそう、地下鉄と言えば、北京の地下鉄は新しい路線(1号線、2号線以外の路線)ではエアコンがちゃんとついてたんですよ。ホームに転落防止のホームドアがついていたり、ホームにテレビがついててあと何分で電車が着くかどうか表示されるようになっていたり、切符の買い方の映像が流れていたり…車両の中にも液晶画面がついてて次の駅が表示されたり、切符の買い方指南が流れたりしていました。

ちなみにエスカレーターや動く歩道は左側通行で右が立ち乗り。真ん中にラインが入ってて(ないのもあったけど)、乗り口のところにも表示が書いてあって。当然皆守ってないと思いきや、意外と皆さんちゃんと守ってた!!!

昔はバスに乗るにしても鉄道に乗るにしても、窓口でチケット買うにしても、横入りが横行していて「並ぶ」ということをしなかった中国人が!!そういえば地下鉄で電車乗るときも、電車の扉が停車する位置に矢印書いてあったんですよね。「乗る人こっち側」「降りる人こっち側」みたいに。それもちゃんと守られてて秩序良く乗車できました(1号線、2号線はそうでもなかったけど)。昔は乗り物乗るときは日本の通勤ラッシュ以上に気合入れていかなきゃ周りの人間に弾かれる感じだったので、これには「中国人もちゃんと進化しているのね」と素直に感動しました。

…の割には歩行者が信号無視してたり、近くに道路の向こう岸に渡る地下道あるのにそれ無視して道路突っ切っていたりして相変わらずの部分があったけど。。。新しいルールには従えるけど、昔からやっていることはすでに習慣となっているから変えにくいのかしら??

そういやこの日の夜、ホテルでNHKのワールドニュースつけてたら、中国の人権活動家・陳光誠氏のニュースのところで夫が「映像がぶちっと切れてテレビが真っ暗になる現象」に遭遇したそうです。私はお風呂に入っていたので見れなかったのですが…。私もナマでそれを見てみたかった(笑)。

<③に続く>


拍手ありがとうございました



拍手[3回]

PR

←No.291No.269No.241No.223No.213No.212No.211No.180No.175No.153No.133
ランキングに参加中です!
面白かったらクリックしてね☆

人気ブログランキングへ
翻訳ブログ人気ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
プロフィール
HN:
はぎちょん
性別:
女性
自己紹介:
翻訳会社のコーディネータ&チェッカー、中日ビジネスコンサル会社の翻訳事業部のコーディネータ&チェッカー/翻訳者を経て現在中国語のフリー翻訳者。在宅で中日訳のほか、中日/日中/英中訳のチェックなども行っています。夫と二人暮らしのアラフォーです。
おススメ―語学
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[06/25 蓮]
[06/08 蓮]
[05/12 蓮]
[05/12 蓮]
[05/11 蓮]
ブログ内検索
アクセス解析