忍者ブログ
2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

翻訳の仕事のこととか中国語のこととか中華圏旅行のこととか。

翻訳…特に産業翻訳をやっていると必ず付いて回る「スタイルガイド」。これに対する翻訳者さんの認識っていうのは個々人で違うとは思うのですが、私は社内でコーディネーターやチェッカーをやっていた頃の経験からして、翻訳の商品としての品質の管理・維持の上で結構無視できない、重要なものであるという認識を持っています。持っているのですが…!!

…守るの結構大変なんですよねemoji

なぜかというと「自分の翻訳のスタイル(文章の癖ともいう)」とスタイルガイドが同じとは限らないから。

ただ単に「文章内で用語/文体を統一してください」という指示だけならそんなに苦でもないのですが(自分の文章で訳して、その中で自分の選んだ用語・文体で揺れがないかどうかに気を付ければいいので)、例えば、

「箇条書きは体言止めにする」とか
「この動詞/こういうフレーズはこう訳してください」とか
「漢数字はすべてアラビア数字に」とか
「この単語はこう訳してください(カタカナ語ではなく和語/漢字語で)」とか。

この辺はそれこそ訳す人によってさまざまなバリエーションがあるわけで(だからこそお客様としては複数翻訳者で訳す場合やシリーズものの場合などでは特にきちんと統一していて欲しいものなのでしょうが)、自分の文章の癖が上記のスタイルに当てはまらない場合、いちいち自分の文章の癖をリセットしなければならないので、結構大変です。

(個人的に、箇条書きは体言止めにしたい箇条書きとしたくない箇条書きとがあるので、一律に「体言止め」とされてしまうと文章を構成する段階で結構戸惑ってしまいます。まぁそれは動詞やフレーズ、単語の訳し方でもそうですが)(←だからまぁ色んなバリエーションの訳文が書けるように表現力つけましょうね、という話になるんでしょうが、それは別の話になるので今回ちょっと置いときます。)

しかも会社さんによってこの辺の決まりは違っているので、複数の会社さんと取引がある場合は逐一その辺を確認しなければならず、ただ単に「訳してください」より手間がかかるんですよね…。

納期に余裕がある場合はスタイルガイドを確認しつつ慎重にできるのですが、短納期だったり、案件自体の納期に余裕がある場合でもこちらに他のお客さんからのお仕事が立て続けに入って来ている繁忙期なんかは正直訳すだけでいっぱいいっぱいなので、とてもスタイルガイドにまで構っている余裕なんかなかったりします。

それでも普段からコンスタントに仕事くれる翻訳会社さんからのお仕事ならスタイルガイドの内容も分かっているので対応しやすいのですが、問題は新規の取引先やこのところお仕事のご連絡が大分ご無沙汰していた翻訳会社さんからの場合。

決まりに慣れていないので大変ですemoji

しかも受注してから「本案件のスタイルガイドです」と渡されたときには(しかも結構規定が細かい)、「ええ~早く言ってよ…(;´Д`)」な気分になります。

なので最近、納期的にどう考えてもスタイルガイドまで考慮して納品するのが難しい場合は、断腸の思いでお断りしてしまうこともしばしばですemoji

スタイルガイドを完全に無視してくる翻訳者さんも中にはいらっしゃることは過去の自分の社内での経験からも分かっているのですが(というか、一番最初に勤めていた会社では、先輩から「翻訳者さんにこういうの守ってくださいって言ってもムダ」と言われた)、これ守られてないとその後の工程でえらい苦労する、というのも分かっているので、きちんと守る方向で行きたいんですよね…。

「一次翻訳から後の工程ではこういう作業が待っているので、一次翻訳者さんには最低限これだけはやってもらいたい/守って欲しい」というのがスタイルガイドだと思っているので。

ただまぁ、人間なのであまり細かいスタイルガイドを完璧に守れる自信というのはないけれど…(←ちょっと弱気)。


拍手、ありがとうございましたemoji
またランキングバナーのクリックも、どうもありがとうございますemoji



拍手[4回]

PR

←No.500No.498No.496No.495No.494No.493No.491No.489No.488No.487No.486
ランキングに参加中です!
面白かったらクリックしてね☆

人気ブログランキングへ
翻訳ブログ人気ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
プロフィール
HN:
はぎちょん
性別:
女性
自己紹介:
翻訳会社のコーディネータ&チェッカー、中日ビジネスコンサル会社の翻訳事業部のコーディネータ&チェッカー/翻訳者を経て現在中国語のフリー翻訳者。在宅で中日訳のほか、中日/日中/英中訳のチェックなども行っています。夫と二人暮らしのアラフォーです。
おススメ―語学
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[08/19 蓮]
[06/25 蓮]
[06/08 蓮]
[05/12 蓮]
[05/12 蓮]
ブログ内検索
アクセス解析