忍者ブログ
2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

翻訳の仕事のこととか中国語のこととか中華圏旅行のこととか。

最近料理の話題を投下していないのは、単に面倒臭いだけなんですよ…。パソコンをWin7からWin8.1に変えたら写真の縦横設定がちゃんと反映されなくなってしまい、一度画像加工ツール使って回転させないといけなくなっちゃったんですよねぇ…。スマホに変えたらそんな手間なくなるかな~画素数も上がってキレイな写真撮れるかも~って思ってたら、このブログ、画像の自動リサイズ機能ないからスマホかパソコンでリサイズしなきゃいけなくなって、一々それやるのが面倒臭くなっちゃって放置気味っていう…emoji

まぁ、料理の話題はまたやる気が出たときにやろうと思います。

さて、今回は「この間日中訳チェックのお話したから、中日訳チェックのお話もしなきゃね」ってことで、中日訳チェックのお話。

私が翻訳の仕事始めた頃は「和訳案件は日本人に、中訳案件は中国人に」っていう話を多く聞いていたので、日本人翻訳者さんにお願いした和訳をチェックしてるのかなぁと何の疑問も持たずに思っていたのですが、「日中訳チェックのお話」で触れたセミナーの講師の先生のお話からすると、最近来る和訳チェック案件は中国人翻訳者さんが訳したものが多いのかしら…?

「日中訳チェックのお話」で「チェックをするときどの国の翻訳者さんが訳したのかという情報はあったりなかったりする」と書きましたが、私の場合「情報を頂ける場合」というのは中日訳案件に限ってある気がします。正確には「誰(何)が訳したのか」という情報ですが。

曰く「中国人にお願いした和訳なのですが、日本語としておかしなところがあるから直して欲しい」とか「機械翻訳したんだけど何書いてあるのか分からない日本語になったので、自然な日本語に直して欲しい」…。

自分が社内でコーディネータやってた時やフリーランスで経験したケースを総合すると、「翻訳にお金かけたくないし、日本人が書いたようなこなれた日本語でなくていい、読んで意味が分かる程度であれば十分だから、安い単価で引き受けてくれる中国人にお願いしたり、タダでできる機械翻訳にしたんだけど…」っていう枕詞が大抵ついてましたね。

こういうケースのチェックはすごく大変です。だって「読んで意味の分かる文章であれば多少変な日本語であっても構わない」というわけで出した翻訳を「自然な日本語になるようにチェック(リライト)してください」って依頼が来るということは、つまり「ちょっと読んだだけじゃ分からない日本語」なわけですよ。チェックというのは通常、原文と訳文を突き合わせて読み合せながら誤訳や訳抜けがないか、表現としておかしなところがないかどうか見ていく―つまり翻訳者が訳した訳文をベースにして原文を読みながら文章をいじっていく(修正をしていく)ものだと思うので、訳文が何言ってるのか分からなければ正直手の施しようがないっていうね…(;´Д`)

社内で働いていたころ一度、「訳してあるんだし、中国人が訳したんだから原文理解は間違ってないだろうから、訳文だけ読んで自然な日本語に直せばいいんじゃない?」って言われたことあるんですけど、これは直している過程で原文の意味から外れて誤訳になる可能性があるので、正直おススメしたくないです…っていうか全力で阻止したいですemoji機械翻訳でも言えることですが、文の切れ目や修飾語のかかり方がめちゃくちゃになっていることがあるので、原文見ないで日本語だけ見て自然な日本語にしようとすると、そもそもの原文の意味から外れてしまうことがあるんですよ…。

チェックというのは確かに「訳文に誤訳や訳抜けがないか、こなれた文章になっているかどうか」をチェックする仕事ですが、これはあくまで訳文全体が訳文言語として「読める」文章で書かれているから成り立つ仕事だと思うんですよ。全体がきちんと訳されていて、その上でミスがないかどうかを確認し、あった場合は修正し、クライアントからの要望があったらそれに沿って訳文をブラッシュアップする―という仕事なので、初めから全文が訳文言語として成立していない文章を「チェック」の名目で「直してください」というのは、ちょっと違うのではないかな、と個人的にですが思っています。

場合によっては訳文無視して自分で一から翻訳し直した方が早いんじゃないかと思うこともあるしね。時間給ならまだしも、文字単価の場合はチェック案件の単価は翻訳より安い場合が多いと思うので、正直「割に合わないなぁemoji」という感じ。

ただまぁそうはいっても、ツイッターやWeiboで可笑しな機械翻訳がネタになっているのを見るたびに、「チェックくらい出そうよw」って思ったりしてしまうのですが(苦笑)。

ちなみに↑の文章読んだら「中国人に頼む和訳=安かろう悪かろう」ってイメージ持ってしまう人がいるかもしれないので一応断っておきますが、中国人でも日本人顔負けのスバラシイ和訳してくる人いるんですよ。何年か前「これ中国人にお願いした和訳なのですが、日本語としておかしな表現があったり誤訳があったら直してください」と言われてチェックしたら、ものすご~く上手な日本語で誤訳もないカンペキな文章で思わず「すっげぇ…」なんて呟いてしまったことがありましたね(笑)。自分が中訳やった場合、ここまでカンペキな文章書けるか正直自信がないので心の底から「負けたわ…」と思ってしまいましたemoji日本人もっと頑張らなきゃホントに仕事奪われるんじゃないかと心配になりましたよホント。「日本人より中国人の方が翻訳上手だから」って中国人への和訳・中訳を推奨する人が出てくるのも頷けます。

私も日々精進しなくちゃ!!です。
  
  
拍手、ありがとうございましたemoji
またランキングバナーのクリックも、どうもありがとうございますemoji



拍手[5回]

PR

←No.481No.480No.477No.475No.474No.471No.469No.466No.464No.463No.462
ランキングに参加中です!
面白かったらクリックしてね☆

人気ブログランキングへ
翻訳ブログ人気ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
プロフィール
HN:
はぎちょん
性別:
女性
自己紹介:
翻訳会社のコーディネータ&チェッカー、中日ビジネスコンサル会社の翻訳事業部のコーディネータ&チェッカー/翻訳者を経て現在中国語のフリー翻訳者。在宅で中日訳のほか、中日/日中/英中訳のチェックなども行っています。夫と二人暮らしのアラフォーです。
おススメ―語学
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[08/19 蓮]
[06/25 蓮]
[06/08 蓮]
[05/12 蓮]
[05/12 蓮]
ブログ内検索
アクセス解析