忍者ブログ

とある中国語スキーのお部屋

翻訳の仕事のこととか中国語のこととか中華圏旅行のこととか。

2017/06    05« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »07
今年の年末年始(12月30日~1月1日)、夫と二人で香港に行ってきました。香港行くのは私達夫婦共に初めてです。

(写真はサムネイル表示にしてあります。クリックすると大きなサイズで見れるよ!)

●空港
30日午前10時5分羽田発の便で行きました。天気が良く空気も澄んでたので、飛行機から富士山がとても良く見えました(´▽`*) 

機内では「寒戦(Cold War)Ⅱ」っていう香港映画を見ていたのですが、いやぁアーロン・クォックかっこいですね~(*´▽`*)

香港国際空港には15時ちょい前に着きました。予定では14時15分に着く予定だったんだけど、空港の滑走路が混みあってて管制から着陸許可が下りず、しばらく上空待機となりました。15分?30分くらい?上空旋回してたかなぁ。機内のフライトマップ見てたら本当に上空をぐるっと旋回してて、なかなか面白かったです(実は初めての経験だった…)。


年の瀬の日本からいきなりクリスマスな香港に来て、なんだか時間が少し巻き戻った感じ(笑)。(分かっちゃいたんだけどね)

今回の旅行も、自分達で全部やるのは大変だし土地勘ないところでいきなり自分達だけで動くのもキケンだと思ったので例によって例のごとく「日本の旅行会社さんのパックツアーで申し込んで、飛行機とホテルの予約を入れてもらい、着いたら終日自由行動のフリープラン」で行っています。空港到着後、お迎えに来てくれた現地ガイドさんとバスに乗ってホテルまで行く予定…だったのですが、ホテルまで送ってくれるバスに一緒に乗る別の日本人ツアー客が一向に着かず…(自分達みたいに飛行機の到着時刻遅れたのかと思ったんだけど、特にガイドさんに遅延の連絡入ってなかったみたいだから違うのかしら?)。ただでさえ到着時間遅れたのに、バスに乗るツアー客が全員揃わないのでなかなか空港を出発できず、この後香港夜景観光のオプショナルツアー入ってるのに間に合うかしら時間大丈夫かしら?と、到着早々かなり不安にさせられました(笑)。

●夕食
メンバーが無事揃い、ようやくホテルに着いたのも束の間、件の理由でホテル到着時間が遅れたので、大きな荷物だけ置いて急いで夜景観光の集合場所であるホテルロビーへと向かいました。一休みしてる暇なかった…。

でも道が混んでてバスが遅れてるとかでバス来る時間遅れたんですけど(まぁ世の中そんなもん)。


今回お世話になったホテル。マルコポーロホテルです。 

同じオプショナルツアーに参加する別のホテルに泊まっているお客さんをピックアップして、まずは夕食を食べに行きました。 

ここが夕食を食べたレストラン。「マスク」という四川料理屋さんです。(お店の紹介では「京川<北京・四川>料理店」ってなってたんだけど、旅行会社さんの案内では「四川料理店」だった。どちらかというと四川料理がメインなのかな…?)
 

ツアーの案内見たとき「香港でなんで四川料理?そこは豪華広東料理ディナーとかじゃないの??」と思ったんですが(笑)、なんでもこのお店、香港では有名な四川料理屋さんなのだそうで。(通常の四川料理とはちょっと違った、創作四川料理屋さん…らしい)

中はこんな感じ。お面がオシャレ。

テーブルのナプキンに挟んであったお面のしおり。お店からのプレゼントだというので持って帰ってきました。

で、こちらが夕食のメニューです。

 

「北京のきんぴら(ジャガイモの細切り炒め)」(2段目一番左)は香菜が効いてて美味しかったですね。酸辣湯は日本で食べるのより酸っぱ辛かった!(大好き(´▽`*))タンタンメンは比較的マイルドだったかな~。

麻婆豆腐も思ったほど辛くなく、中華料理(特にニンニク入った料理と辛い料理と臭いのキツイ料理)苦手な夫が「美味しい美味しい」って言って食べてました。コレとデザートと白米以外は完全に苦手な味だったのに、一通り全部口に入れて完食した夫は本当によく頑張ったと思います。

●香港夜景観光
食べ終わるころには日もとっぷり暮れ、夜景観賞にはもってこいの時間帯になりましたね~。ここからがこのツアーのメインで、香港の夜景をたっぷり堪能します。

まずはスターフェリー埠頭あたりから対岸の夜景を眺め…


その後フェリーに乗って、香港返還式も行われたコンペンションセンターの方へ。

(最初の2枚はフェリーから撮ったコンペンションセンターです)

そこでシンフォニー・オブ・ライツ(光と音楽のレーザーショー)を楽しんだ後、バスでビクトリアピークへ向かいました。

シンフォニー・オブ・ライツは面白かったですね~。音楽に合わせてビルのネオンやイルミネーションが変化して、街全体が踊ってるみたいなの!(写真だとただ単に夜景撮っただけにしか見えないけど)

ビクトリアピークでは「獅子亭展望台」で写真を撮って来たのですが、すごい人で写真を撮るのが大変だった…。夜景は人の隙間から取れたけど、夜景と一緒に自分達も撮ろうとすると周りの人も入っちゃってどうしてもうまく夜景が入らないというか…(他の人写さないで写そうとするとどうしても夜景部分が狭くなっちゃうというか…)

…なので観光地によくある記念写真撮影サービスを利用して撮ってもらいました。カメラマンのお兄さんが人払いしてくれたのでイイ感じに撮れましたよ。こういう場所の写真って結構するのでどうしようかと思ったんだけど(今回1枚60香港ドルくらいしたっけ?)、いや~撮ってもらってよかったわ~。

獅子亭展望台に行く途中、ピークトラムの乗り場の前を通ったのですが、季節柄なのか時間帯なのかなんなのかものすっっごく並んでて…emoji(写真撮ってくればよかったな)。ホントはバスじゃなくて自分達で切符買ってトラムに乗って来たかったのですが、「いやコレ…ツアー頼んどいて…バスで良かったわ…」って心底思いました(;´▽`A``

「2日目―香港ディズニーランドと新年カウントダウン」に続く。


拍手[3回]

PR
-

香港

ご主人との香港旅行いいですね。
ぼくは香港は1990年に一度行っただけです。
by 蓮 2017/01/21(Sat)09:55:56 編集

Re:香港

1990年というと返還前ですね。
多分その頃と比べると色々変わっていると思うので、
機会があったらまた行って見てくださいね。
2017/01/24 11:41
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

ランキングに参加中です!

面白かったらクリックしてね☆

人気ブログランキングへ
翻訳ブログ人気ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

プロフィール

HN:
はぎちょん
性別:
女性
自己紹介:
翻訳会社のコーディネータ&チェッカー、中日ビジネスコンサル会社の翻訳事業部のコーディネータ&チェッカー/翻訳者を経て現在中国語のフリー翻訳者。在宅で中日訳のほか、中日/日中/英中訳のチェックなども行っています。夫と二人暮らしのアラフォーです。

おススメ―語学

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 22 24
25 26 27 28 29 30

最新コメント

[06/25 蓮]
[06/08 蓮]
[05/12 蓮]
[05/12 蓮]
[05/11 蓮]

ブログ内検索

アクセス解析

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- とある中国語スキーのお部屋 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]