忍者ブログ
2018.05│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

翻訳の仕事のこととか中国語のこととか中華圏旅行のこととか。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


久しぶりにお仕事関係のお話です。このブログではこれまでも度々取り上げていますが、今日は改めて「翻訳チェッカー」のお話をしようと思います。

「翻訳チェッカー」というと、よくこういう紹介を目にします。

「翻訳者が訳して来た翻訳をチェックし、誤訳や訳抜け、誤字脱字がないかどうか、専門用語がきちんと訳されているかどうか等を確認する、誰にでもできるカンタンなお仕事。実際に仕事の現場で使われるプロの翻訳に直に触れられるチャンス。これから翻訳者として活動したい方におススメ」

実際、求人広告などでは経験不問になっていることもしばしばです。

…果たしてチェッカーの仕事というのは、「未経験でも大丈夫」「誰にでもできるカンタンなお仕事」なのでしょうか?

私の感覚では“NO”です。

実際私がチェックの仕事(社内チェッカーですが)を始めたのは、翻訳なんて翻訳学校の課題文でやった程度、それこそ翻訳の実務経験なんてまるでなかった頃だったのですが、正直思い切り苦労しました。

工作機械のマニュアルの日中訳/英中訳チェックのお仕事だったのですが、チェックのノウハウはもちろん、工作機械に対する専門知識なんて私には全然なかったんですよね。先輩スタッフさんたちは「徐々に慣れて行けばいいよ」と仰っていましたが、やはりその分野について知っていると知らないとでは、作業効率は大きく違ってくると思います。

そもそも翻訳という作業には分野が何であれ、その分野に関する専門知識というのは多かれ少なかれ必ず必要になってくるものです。

良く言われるチェッカーの仕事内容に「誤訳の発見や専門用語がきちんと訳されているかどうかの確認」がありますが、チェッカー自身その分野にある程度精通していなければ、その専門用語が正しい専門用語なのかなんて分からないしと思うし…。

それに翻訳者が結構意訳をしてくる方だった場合、チェッカーに原文内容をきちんと理解できる語学力と専門知識がなければ、それがきちんとした知識に基づいた意訳なのか、それとも誤訳なのかの判断ってなかなかつかないと思うし、直訳になっていた場合(原文と一字一句、構文レベルで対訳になっていた場合)でも、果たしてその言い方でその訳語を母国語としている方に通じるのかどうかの判断も、やはりその分野に関する知識が多少なりともないと難しい場合もあると思います(後者はむしろ語学力とか語学センスに依拠するかもしれませんが)。

少なくとも、その分野に関する知識がないのだとしたら、それを調べられるだけの「調査力」と書いてある文章が「おかしい」と思えるセンスがないと、「未経験」で「専門知識なし」でチェックの仕事を行うのは、かなり難しいことなのではないかな…。

翻訳チェックの仕事というのは、翻訳の「商品」としての質を維持する上での大切なお仕事。時として翻訳者と同程度、もしくはそれ以上の語学センスや専門知識が必要とされ、翻訳の「商品」としての質を左右する、非常に重要なお仕事なんだと、もし私だったらそんな風に紹介したいと思います。

最近ではこの過程を重視する翻訳会社さんも出てきていますしね(もしかしたら中国語翻訳業界っていうか私の周辺だけ?かもしれませんが…←これについては次回書きます)

まぁ社内スタッフとしてチェックを行う場合は周りに教えてくれる方や会社がこれまで蓄積してきたノウハウというのもあると思うので未経験でも専門知識なくてもOKなのかもしれませんが、少なくともフリーランスで、しかも在宅でやる場合は、翻訳同様ある程度の経験もしくは専門知識は必要なんじゃないかな…と。

なおチェッカーというと翻訳者よりワンランク下に見られがちで、実際翻訳のお仕事している方の中では「いやいや、私なんかまだチェッカーだし…」と謙遜する方がいらっしゃいますが、私はチェックの仕事と翻訳の仕事、どちらが上でどちらが下ということはないと思っています。

だってどちらも外国語で書かれた情報を必要としている方に届ける、大切なお仕事なんだから。

次回は『「翻訳の品質管理」におけるチェッカーの重要性②』と題して、中国語翻訳業界におけるチェッカー事情について書こうと思います。


拍手[6回]

PR

Trados Studio 2014の日本語版マニュアルがついに発売されたようなので、最近購入しました!

コレです↓

(クリックすると、大きな画像で見れます)

リリースされた結構前なんですけど、その時は購入サイトへのアクセスが集中していたからなのか、なかなか上手くつながらなかったんですよね~。

なので「特に急ぎってわけじゃないし、しばらくたったらまたアクセスしてみようかな」と思っていたら、最近になってしまいました(笑)。

DL版とDL版⁺製本版があって、私が買ったのは後者の方。

製本版があればDL版は要らなんだけど…(アナログ人間なのでemoji)w

ウェビナー受講したので基本的な使い方は理解しているつもりだけど、やはり一度聞いただけでは頭に入ってこなかったこともあるので、こうして手元で確認できるツールがあると、すごく助かりますねemoji


※今まで料理の話がメインだったこのブログですが、今日からは翻訳のお仕事のことや、中国語のことも積極的に投稿していこうと思います。

もうちょっと気楽に更新できるようにするため、「今日の中国語」コーナーは今後はお休みします。実はアレ結構負担だったんですよ…毎回掲載する単語考えたり、調べたりするのが…(;´Д`)

拍手[1回]


久しぶりに仕事の話です(なんかこのカテゴリー、このフレーズで始まるのが定番になってきてるなーemoji)。

今回は、中国語フリーランス翻訳者では誰もが経験するであろう、アレについてです。…そうアレ、「登録したのに仕事が来ない」!!

「折角トライアルに受かって登録したのに、仕事の依頼が全然来ない…。中国語の仕事増えてるって言ってたのに…。仕事あるから募集したんじゃないの?なんですぐ仕事来ないの?」と思う人、結構いるんじゃないでしょか?

私もコーディネーター時代、そういった問い合わせを受けたり、別の担当者さんがそういった問い合わせを受け、対応に苦慮しているのを見たことがありました。

私自身も登録翻訳者として翻訳会社さんに登録されるとき、口頭なり書面なり(もしくは両方)で「登録したからといってお仕事をお約束できるものではありません」と言われるので、こういう問い合わせ(…というか苦情?)は多いんじゃないかと思います。

なぜ登録したのにすぐ仕事が来ないのか。よく言われるのは「翻訳会社さんにはその分野を担当するメインの翻訳者さんがいて、仕事のほとんどは当然そのメインの翻訳者さん優先に回される。新規に登録された翻訳者さんは、メインの翻訳者さんが何らかの都合(家庭の事情やケガ、病気、もしくは他の会社さんから仕事が入った等)で担当できない場合にしか実質仕事をもらえるチャンスはない」というもの。

まぁ、それもある程度は事実だと思うので、否定をするつもりはないのですが(「他に頼む翻訳者いるんだったらなんで新規募集かけたの?」と疑問に思う人は絶対いると思いますがemoji)、経験上、そればかりではないと思います。

実は私が社内コーディネーターとして、そして登録翻訳者として一番多く経験したパターンは、「中国語の仕事増えると思って募集かけたのに、肝心の仕事が増えなかった」ですemoji

例えば「中国は経済成長著しい。これからは中国の時代!その時代に対応するため中国語の特別チームを作り、中国語のできる人材を集めよう」と思って募集をかけたものの、思ったように仕事が増えず、中国語を使うプロジェクト自体がとん挫。

クライアントから従来の人数では対応できない大規模な中国語翻訳プロジェクトの依頼が来たから求人募集かけたのに、プロジェクト開始直前になってプロジェクト自体が突如キャンセルに。

あるいは、中国語の仕事が増えると思ったのに、グローバル経済の悪化、または日中関係の悪化により仕事自体が縮小―etc.etc....

…ええと何が言いたいのかと言うと、きっと翻訳者さんの中には「求人詐欺なんじゃないの?」とか「所詮フリーランスなんて使い捨てよね。簡単に募集して、簡単に切ることができるんだから」なんて思ってらっしゃる方絶対いると思うのですが、決してそうではなく(もちろんそういうブラック企業もないわけではないので、それだけが全てと言うつもりはありませんが…)、「募集側にもつらい事情があるんだよ(;´д`)」ということです。

じゃあ、登録翻訳者側はどうしたらいいのか、ですけど、これはもう、1社登録したからって安心せず、気になる求人があったら2社3社とどんどん営業して行くしか道はないんですよね。

そうしているうちに国際情勢が変わってまた中国語の仕事が増えたり、もしくは営業の上手くいっている会社さんと出会えたりして、仕事をもらえるチャンスが出てくると思います。

もちろん、翻訳力、語学力を日々鍛錬するのも大事ですけどね。
 
言うなれば「フリーランスとして登録される」というのは「就職活動で内定もらえる」というのとは全くの別物で、むしろ会社の営業さんが会社に仕事を持ってくるために取引先を何社も回って営業していく…そんな感じに近いのではないかと。

そうした営業活動の末、仕事が頂けて良好な関係を築いて行ける翻訳会社さんと出会えたら、そのご縁は末永く大切にしたいものです。


【今日の中国語】

フリーランス翻訳者=自由译者(ズーヨウイージャー/zìyóu yìzhě)


ランキングバナーのクリック、どうもありがとうございましたemoji



拍手[3回]


Prev1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  →Next
ランキングに参加中です!
面白かったらクリックしてね☆

人気ブログランキングへ
翻訳ブログ人気ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
プロフィール
HN:
はぎちょん
性別:
女性
自己紹介:
翻訳会社のコーディネータ&チェッカー、中日ビジネスコンサル会社の翻訳事業部のコーディネータ&チェッカー/翻訳者を経て現在中国語のフリー翻訳者。在宅で中日訳のほか、中日/日中/英中訳のチェックなども行っています。夫と二人暮らしのアラフォーです。
おススメ―語学
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[08/19 蓮]
[06/25 蓮]
[06/08 蓮]
[05/12 蓮]
[05/12 蓮]
ブログ内検索
アクセス解析