忍者ブログ
2018.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

翻訳の仕事のこととか中国語のこととか中華圏旅行のこととか。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


翻訳の仕事は、最近ではワードやエクセル、PPTに上書きだったり、TRADOSなどの翻訳支援ソフトを使ったりと色んな作業形式があるけど、私が一番やりやすいな~と思うのは「ワード(またはPPT)に上書き」です。

理由は、レイアウトを参考にしながら翻訳できるから。原文が同じ文章でも、それが使われているところによって訳文は変えなきゃいけないことがあるので、やはり全体のレイアウトや文書の流れが一つの画面上で確認できるというのは、とてもやりやすいんですよね。

まぁその点は紙原稿(紙原稿をスキャンしたPDFファイル原稿含む)のワードへのベタ打ち翻訳でも同じなんですが、上書き翻訳の方が統一を図りたい用語がファイル上で一括置き換えできるし、用語を検索したりオンライン辞書を引きたいときは調べたい用語をパッと検索ボックスにコピペすればいいので楽、というのもあります(紙原稿は、特に分量が多い場合だと最初の方どんな用語を使って訳していたのか確認したい場合、一々目視で遡らなければいけないので大変なのです)。

それ(用語の一括置き換えとか用語検索のしやすさ)はエクセルでも同じなんじゃない?って言われそうだけど、エクセルはセルに文章入力していると以前入力した文章と同じ文言で始まる場合、エクセルが勝手に前の文章を引用してしまうので、その辺が結構厄介だったりします(この辺設定いじれば簡単に解決できるよ、というのご存知な方いらしたら教えてくれると嬉しいです)。

あと原文原稿、訳文原稿をプリントアウトする場合、文章が長いと文章がセル内で途中で切れてしまって全部印刷されないなんてこともあるので、その点も困ったなぁって思ったり。(「折り返して全体を表示する」にしても文章の最後の方が微かに切れて印刷された経験があって…(;´Д`) 。セル内にあまり文章がギッチリにならないようにセルのサイズを大きくすればいいんだろうけど、セルの数が多い場合、限られた納期の中でセルを一つ一つ確認して広げる、というのはかなり手間なんですよね…)。印刷が切れてしまった部分はそこに印を付けて、後で画面上で確認をするようにしてはいますが。

TRADOSは確かに繰り返し出て来る訳文の流用や統一という点では便利だけど、なんか画面が色々細かくて見づらいというか、目が疲れやすいというか…。表示形式とかフォントサイズを見やすいように変更すればいいんだろうけど、原文と訳文を対訳式に表示させるならワード表組みの方が見やすいし目が疲れにくいなぁなんて思ったり。

…まぁ、こういうのは往々にして「慣れ」の部分もあるんでしょうけどね。

 

拍手、ありがとうございましたemoji
またランキングバナーのクリックも、どうもありがとうございますemoji



PR

フリーランスで翻訳の仕事をしている人は知っている人がほとんどだと思うんですけど、翻訳のお仕事には「定期」の案件と「不定期」の案件があります。

平たく言うと、定期の案件とは半年とか1年とか期間が決まっていて、その期間中定期的に(週に何件とか、ひと月に何件とか)来る案件。不定期の案件とはそうじゃなくて、いつ入ってくるか分からない、まぁ言ってみれば通常の翻訳の案件。

私はこの定期の案件というのが結構好きだったりします。だって定期的に翻訳のお仕事入るからスケジュール立てやすいし、収入も安定するし(注:ここで言う「収入が安定する」とは「それで食べていける収入が得られる」という意味ではなく、「定期的にある程度まとまった量の収入が必ず入る」という意味です)。

また定期の案件は特定の分野に特化していたり、ニュースなど幅広い分野を扱うものなど色々ありますが、前者の場合はその「特定の分野」に対する理解が深まるし、後者の場合は色々な分野を扱っている分、新規分野開拓の足掛かりにもなるので、重宝します。(英語のようなメジャー言語ならともかく、中国語みたいなマイナー言語は、いつぞやの通訳翻訳ジャーナル中国語・韓国語特集にも書かれてましたけど、それこそ複数の分野に対応できる「オールラウンダー」な翻訳者にならないと続けていくのが難しいのでね…。余談ですが私が中国語専門の翻訳会社に勤めてた時、「ある特定の分野に特化してそれしかやらない/やれない翻訳者」より「複数の分野に対応でき、自身の精通分野以外の仕事もきちんと調べてソツなくできる翻訳者」の方がウケが良かったです。)


ただ、通常(不定期)の翻訳案件より単価が安いのが難点なんですけどね…。私をはじめ、翻訳者さんが通常提示している翻訳単価は通常(不定期)の翻訳案件が想定されていると思うんですけど、定期の案件はそれよりぐっと安いです。「ああ、この仕事、通常の翻訳案件の単価で受けられれば結構私(懐具合的に)ウハウハなのに~」なんて思うこともしばしば(笑)。

まぁ定期案件が安いのは、定期的に仕事が入るからとか、色々理由があるそうなんですけど、ただ「訳す」という作業自体は定期だろうが不定期だろうが変わらないので「あんまり安いのは嫌だな~」なんて思ってるんですが(苦笑)。

「経験値」を取るか「実利」を取るか、それがいつも悩みどころですねemoji
(…まぁ、「経験値」も長い目で見たら「実利」になるんだろうけど)


拍手、ありがとうございましたemoji
またランキングバナーのクリックも、どうもありがとうございますemoji



翻訳…特に産業翻訳をやっていると必ず付いて回る「スタイルガイド」。これに対する翻訳者さんの認識っていうのは個々人で違うとは思うのですが、私は社内でコーディネーターやチェッカーをやっていた頃の経験からして、翻訳の商品としての品質の管理・維持の上で結構無視できない、重要なものであるという認識を持っています。持っているのですが…!!

…守るの結構大変なんですよねemoji

なぜかというと「自分の翻訳のスタイル(文章の癖ともいう)」とスタイルガイドが同じとは限らないから。

ただ単に「文章内で用語/文体を統一してください」という指示だけならそんなに苦でもないのですが(自分の文章で訳して、その中で自分の選んだ用語・文体で揺れがないかどうかに気を付ければいいので)、例えば、

「箇条書きは体言止めにする」とか
「この動詞/こういうフレーズはこう訳してください」とか
「漢数字はすべてアラビア数字に」とか
「この単語はこう訳してください(カタカナ語ではなく和語/漢字語で)」とか。

この辺はそれこそ訳す人によってさまざまなバリエーションがあるわけで(だからこそお客様としては複数翻訳者で訳す場合やシリーズものの場合などでは特にきちんと統一していて欲しいものなのでしょうが)、自分の文章の癖が上記のスタイルに当てはまらない場合、いちいち自分の文章の癖をリセットしなければならないので、結構大変です。

(個人的に、箇条書きは体言止めにしたい箇条書きとしたくない箇条書きとがあるので、一律に「体言止め」とされてしまうと文章を構成する段階で結構戸惑ってしまいます。まぁそれは動詞やフレーズ、単語の訳し方でもそうですが)(←だからまぁ色んなバリエーションの訳文が書けるように表現力つけましょうね、という話になるんでしょうが、それは別の話になるので今回ちょっと置いときます。)

しかも会社さんによってこの辺の決まりは違っているので、複数の会社さんと取引がある場合は逐一その辺を確認しなければならず、ただ単に「訳してください」より手間がかかるんですよね…。

納期に余裕がある場合はスタイルガイドを確認しつつ慎重にできるのですが、短納期だったり、案件自体の納期に余裕がある場合でもこちらに他のお客さんからのお仕事が立て続けに入って来ている繁忙期なんかは正直訳すだけでいっぱいいっぱいなので、とてもスタイルガイドにまで構っている余裕なんかなかったりします。

それでも普段からコンスタントに仕事くれる翻訳会社さんからのお仕事ならスタイルガイドの内容も分かっているので対応しやすいのですが、問題は新規の取引先やこのところお仕事のご連絡が大分ご無沙汰していた翻訳会社さんからの場合。

決まりに慣れていないので大変ですemoji

しかも受注してから「本案件のスタイルガイドです」と渡されたときには(しかも結構規定が細かい)、「ええ~早く言ってよ…(;´Д`)」な気分になります。

なので最近、納期的にどう考えてもスタイルガイドまで考慮して納品するのが難しい場合は、断腸の思いでお断りしてしまうこともしばしばですemoji

スタイルガイドを完全に無視してくる翻訳者さんも中にはいらっしゃることは過去の自分の社内での経験からも分かっているのですが(というか、一番最初に勤めていた会社では、先輩から「翻訳者さんにこういうの守ってくださいって言ってもムダ」と言われた)、これ守られてないとその後の工程でえらい苦労する、というのも分かっているので、きちんと守る方向で行きたいんですよね…。

「一次翻訳から後の工程ではこういう作業が待っているので、一次翻訳者さんには最低限これだけはやってもらいたい/守って欲しい」というのがスタイルガイドだと思っているので。

ただまぁ、人間なのであまり細かいスタイルガイドを完璧に守れる自信というのはないけれど…(←ちょっと弱気)。


拍手、ありがとうございましたemoji
またランキングバナーのクリックも、どうもありがとうございますemoji




Prev1 2 3 4 5 6 7 8 9  →Next
ランキングに参加中です!
面白かったらクリックしてね☆

人気ブログランキングへ
翻訳ブログ人気ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
プロフィール
HN:
はぎちょん
性別:
女性
自己紹介:
翻訳会社のコーディネータ&チェッカー、中日ビジネスコンサル会社の翻訳事業部のコーディネータ&チェッカー/翻訳者を経て現在中国語のフリー翻訳者。在宅で中日訳のほか、中日/日中/英中訳のチェックなども行っています。夫と二人暮らしのアラフォーです。
おススメ―語学
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
アクセス解析