忍者ブログ
2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

翻訳の仕事のこととか中国語のこととか中華圏旅行のこととか。

以前勤めていた翻訳会社で、社長が「翻訳は体力がいるから、若いときにやっといた方がいいよ」と言っていたのですが、それが最近妙に身に染みてきています。

その当時は、「翻訳なんて、いくら語学力・翻訳力あっても経験がなければどうにもならない(募集要項に実務経験/翻訳経験○年以上とか書いてあるのがほとんどだったし、書類選考通ってトライアルに受かっても、その分野での経験がないと予備に回される可能性が極めて高い)のに、経験が浅い『若いとき』になんてどうやってやったらいいの?そもそもチャンス自体もらえる機会が…」なんて思ったものなのですが。

確かにコレ、体力使うんですよね。パソコンの前に座って画面や辞書見て文字打ってるだけなのに、1日仕事したあとは頭も身体もヘロヘロ状態。1週間ぶっ続けで仕事した日には週末は廃人と化します。

あ、いや、「廃人」は言い過ぎかもしれませんが…でも「文字見たくない。本や画面見ただけで気持ち悪くなってくる…。まともな日本語すら出てこない…。もう何も考えずにただひたすらぼーっとしていたい」状態になるのは確かで…。

それでも20代や30代前半の頃は1日か長くても2日も休めば復活していたのですが、40代が近くなった今は完全復活まで時間がかかるようになってしまいました。確かに土日2日間休めば日常生活に支障をきたさない程度の元気は回復してくるんですけど、まだ身体に疲労感が多少なりとも残っている状態というか…万全ではないな、という感じで。忙しい時はドリンク剤のお世話になることもしばしば…。

特に最近はパソコンの画面の解像度が上がって目から入ってくる情報量が以前と比べると格段に増えたため、目から来る疲労感というのもハンパないですし(最近よくリラクゼーション施設にマッサージしに行くのですが、施術師さんから「目の疲れすごいですねぇ。そこから肩とか腰に凝りが行っちゃってるみたいですねぇ」なんて言われます)。

正直、「いつまでこのペースを維持して仕事続けられるんだろう?」と不安になることがあります。

だからこそ、健康管理というのは非常に重要になってくるんでしょうけど、ただやはり齢には勝てない部分もあるわけで…(ちょっと弱気)。

よく「翻訳の仕事は年齢選ばない。生涯現役でできる」とか「定年退職後の第二の人生に翻訳の仕事を…」なんて話聞きますけど、60とか、70、80まで現役でできる自信というのは今の私にはないですねぇ。

まぁこういうのって、その時になってみないと分からないもんなんでしょうし、まだこういうこと考えるには(年齢的に)早いのかもしれませんが。

でも、会社みたいに定年が決まっててその年齢になったら自動的にお役御免ってことになるわけではない仕事なので、いつかは自分自身に見切りをつけてやめなければならない時がやってくるんだろうなぁとは思います。


ランキングバナーのクリック、どうもありがとうございましたemoji


拍手[9回]

PR

←No.520No.519No.518No.517No.516No.515No.513No.512No.511No.510No.505
ランキングに参加中です!
面白かったらクリックしてね☆

人気ブログランキングへ
翻訳ブログ人気ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
プロフィール
HN:
はぎちょん
性別:
女性
自己紹介:
翻訳会社のコーディネータ&チェッカー、中日ビジネスコンサル会社の翻訳事業部のコーディネータ&チェッカー/翻訳者を経て現在中国語のフリー翻訳者。在宅で中日訳のほか、中日/日中/英中訳のチェックなども行っています。夫と二人暮らしのアラフォーです。
おススメ―語学
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[08/19 蓮]
[06/25 蓮]
[06/08 蓮]
[05/12 蓮]
[05/12 蓮]
ブログ内検索
アクセス解析